TITLE_C16
 
かつお節削器を専門に、作り続けて80余年
おぐらの削器は、本枯節をうまく削れることがモットーです

かつお節の上手な削り方
1.香りと旨味を逃がさないために、料理の直前に削ります。
2.枯節は、木綿の濡れふきんを絞って、表面のカビをふきとってから使用するか、ブラシ又は乾いた布で、表面のカビを  はらい除く程度で十分です。
3.削るときは、逆目にならないように注意して下さい。
  かつお節が粉になりやすいです。削るときは、かつお節の皮のついていない面から削ります。カンナ刃は手前に向け、
  かつお節の頭の部分を手前にし、押して削ります。
 
○ 平らに削るよりも、下図のように角度をつけて削る方が小さくなっても、うまく削れます。
○ 小さくなった鰹節も付属の押え木で安全に削れます。ご使用の際は滑らないように押え木と鰹節の間に濡れた綿
  のフキンを堅くしぼってはさんで下さい。

カンナ刃の調節について
○ 刃を出すときは、カンナ刃の台尻を叩くか、直接刃の頭を叩いて出すようにします。
※カンナの台は真ん中を叩くより、左右交互に叩く方が、刃を均等に出せます!
カンナ刃の調節
○ 刃をひこっめる時は、コンクリートの床に、新聞紙を3枚位ひらいて置く。
  その床面に、台の頭部を刃の角度になるべく合わせてトントントンとたたく。
カンナ刃の調節

かつお節をうまく削るために
1. カンナ刃が出過ぎると粉になるか粒状にしか削れません。刃先は、台の表面より0.1mm位の出がよいです。
  (新聞紙1枚位)
2. 鰹節が堅くて削りにくい場合、粉になりやすい場合は電気コンロやガスコンロの細火で30秒位削る表面をあたため
  るとうまく削れます。
3.刃が切れなくなったら研ぎ直して下さい。

かつお節の保存について
 古来より保存食品として知られるかつお節ですが、よりおいしく召し上がっていただくために、なるべく早めにお召し上がり下さい。又、保存する場合は、ビニール袋等に密封し、冷蔵庫にお入れ下さい。
⇒鰹節削り器の製造、販売なら(株)エルグラード・おぐらのネットチラシへ戻る